葬儀にはいろいろな種類があることを理解しておこう

葬儀の種類を確かめる

一般的な葬儀や家族葬などのほかにもいろいろな葬儀の種類があります。葬儀スタイルを決める時の参考にしてみましょう。

葬儀の種類を知っておこう!

  • 家族葬
  • 密葬
  • 一般葬
  • 一日葬
  • 火葬式・直葬
  • 骨葬
  • 社葬・団体葬
  • 無宗教葬
  • 自然葬
  • お別れ会

葬儀にはいろいろな種類があることを理解しておこう

合掌

家族葬以外にも様々な種類がある

約6割が家族葬を選択するといわれていますが、葬儀の方法は他にもいろいろあります。例えば、一日葬というのはお通夜がないスタイルです。葬儀や告別式、火葬などを一日で行うことができます。この他にも一般葬や直葬という方法もよく行われる葬儀の一つです。

合掌

短い時間での葬儀も増えている

一日葬のように短く葬儀を行うスタイルも近年では増えています。例えば、川口の周辺では直葬を行うこともできるでしょう。この直葬というのは、火葬場に遺族が集まりお別れの後すぐに火葬を行うというスタイルです。数十分という短い時間で葬儀が終わります。

企業が行う社葬

社長など企業に尽力した故人のために、企業が主体となって行う葬儀を社葬といいます。大きな企業の場合は取引先も含めて数千人規模の大きな葬儀が行われることもあるでしょう。社葬の場合の費用の一部は企業が負担するため、遺族の助けになることがあるのです。