故人を自然へと還す散骨の詳細を調べておこう

葬儀で気になるお墓の費用

葬儀を行ったあと必要になるのがお墓です。新しくお墓を建てることになると、その費用はおおよそ150万円以上してしまいます。そのようなことから最近では、お墓を購入せず散骨を選択する人も増えているのです。

海への散骨でかかる費用ランキング

数珠
no.1

個人散骨(20万円以上)

遺族だけで船をチャーターして散骨をするという方法です。遺族だけでゆっくりと行えるというメリットがありますが、船のチャーター代がかかります。

no.2

合同散骨(15万円前後)

複数の家族が同じ船に乗り合わせて散骨を行うことを合同散骨といいます。船に乗る人数の関係や決まった日程で行うため調整が必要となることがあります。

no.3

委託散骨(5万円前後)

遺族が船に乗ることはなく、業者に代理で散骨を行ってもらうという方法です。一番費用をかけずに行えます。散骨したときの写真や証明書をもらうことができるでしょう。

故人を自然へと還す散骨の詳細を調べておこう

老人

自然に還す散骨

神奈川にあるいくつかの葬儀社でも散骨という葬儀方法を選ぶことができます。この散骨は、故人の骨や灰を自然へと還すのが目的です。以前はいくつかの法に触れる恐れがあるとされていましたが、現在は散骨を規定する法律はなく、散骨葬も広まっています。

骨壺

散骨を行う場所について

散骨を行うときには周辺の環境に配慮する必要があります。海水浴場や漁場、私有地などに散骨してしまうと、迷惑行為になることがあります。業者に頼んだ場合は配慮された場所を選んでくれるでしょう。

業者を利用して海で散骨を行うときの手順

棺桶

まずは火葬を行い業者に連絡

故人がなくなったら、役所に必要な届け出を提出してから火葬が行われます。散骨の業者によっては役所からの埋葬許可証が必要なので、届け出を出すタイミングで業者への連絡を行っておくといいでしょう。

火葬後、粉骨にする

火葬したあとに散骨の業者が遺骨を引き取って「粉骨」にしてくれます。2ミリ程度の粉骨にできない場合は散骨できません。自分で粉骨にすることもできますが、業者に任せたほうが心身の負担が軽減されるでしょう。

散骨する

予め業者と話し合った日時に船を出してもらい散骨を行います。このとき、粉骨は水溶性の紙や袋に包んであることが多いです。また、散骨のときには花びらを一緒にまくこともできるでしょう。