もしもの時を考える

もしも自分や周りの人に不幸があった場合、どんな対処をしたらいいのか迷うという人は多いでしょう。そんなもしもの時のために、葬儀についての知識を深めておきましょう。

本人が理想とする葬儀のスタイルランキング

お線香
no.1

多くの費用をかけないでほしい

葬儀には数百万円という金額が必要になることがほとんどです。それが、残される遺族の負担になると考える人も少なくないでしょう。

no.2

家族だけで送ってほしい

たくさんの人が参列するという大規模な葬儀よりも、近年では家族葬といって家族だけで行われる小規模な葬儀が増えています。

no.3

葬儀のことに関しては遺族に任せる

葬儀のことに関して自分ではとくに決めずに、残された遺族に一任するという考えもあります。

no.4

家族や地域のしきたりに従う

葬儀に関して「地域で特別なしきたりがある」というところも少なくないでしょう。

no.5

生きているときに自分で決める

葬儀に関するいろいろなことを生前に自分で決めておくという人も中にはいます。

少ない費用と小規模な葬儀

世田谷や埼玉、柏原市のように人の多い都市にもたくさんの葬儀社が存在しています。近年では多くの葬儀社が、少ない費用でできる葬儀や、少人数規模で行われる家族葬といったプランを用意しているのです。

家族葬で葬儀を行った遺族の声

男性

パタパタせずゆっくり送れました

以前から病気を患っていた父が亡くなり、残った家族で相談して家族葬をすることにしました。たくさんの人が来てしまうとその対応に追われてしまうのですが、家族葬はそういったことがなく、落ち着いてゆっくりお別れを言うことができました。感謝しています。

本人の希望で家族葬を行いました

母が亡くなる前に家族葬でと言っていたため、そのようにしました。葬儀というと数百万というイメージでしたが、うちの場合それほどかからずに葬儀を行うことができました。身内だけで行えたので気楽に葬儀を終えることができました。

[PR]
家族葬を柏原市で依頼
簡単に申し込みができる

大規模なものよりも小規模な葬儀が求められている

お葬式

現代で求められている家族葬

近年、世田谷付近でも家族葬を行うところが増えています。家族葬というのは、友人や知人、会社関係者等を呼ばず家族だけで行うという葬儀スタイルです。核家族化が進んでいる現代では、約6割が家族葬という選択をするといいます。

男女

親族を含めて行うこともある

家族だけで行うという意味の家族葬ですが、親戚や親しい人を含めて行うこともあります。そのようなことから、小規模や少人数で葬儀を行いたいというときに選ばれているスタイルだといえるでしょう。

葬儀

家族葬で注意すること

埼玉や柏原市のように人の集まる都市でも家族葬が行われることはよくあります。家族葬を行うときに気をつけたいのが、葬儀の後に連絡や弔問の可能性があるということです。そのため事前に話して、周りに理解してもらうことが大切になります。

[PR]
川口で葬儀を執り行おう
スタッフが親身にサポートしてくれる

[PR]
神奈川で散骨供養をしてくれる業者をリサーチ!
料金プランを大公開☆